模擬店

同志社大学国際居住研究会 ボンデゥ

 

販売物:チャイ(ホットドリンク) バングラデシュの雑貨用品

 

「ボンデゥ」とはベンガル語で「友達」という意味。バングラデシュのフェヌア村にあるボンデゥ孤児院に継続的にかかわる活動をしています。年に2回、2週間ほどバングラデシュに赴き、孤児院の子供たちとの交流や支援、スタディーツアー等を行っています。

ブログ:http://blog.livedoor.jp/doshisha_bandhu/

同志社大学国際居住研究会 同志社ソルト

 

販売物:フィリピン料理ビコールエクスプレス(ココナッツカレー)

     ソルト商品(フィリピンの女性によるクロスステッチ入りのタオルや缶バッチ、メモ帳)

 

同志社ソルトではフィリピンのゴミ山周辺に住む人々の支援をしています。普段は長期休暇に現地でのスタディーツアーへの参加、現地で作られている商品の販売や小中学校へのプレゼン、各種イベントを開催しています。Twitter:@Doshisha_Salt 

ブログ:http://sashisusedsalt.blogspot.com/

同志社大学学生支援課登録団体 See-Saw

 

販売物:フェアトレード商品を用いたホットココア

 

去年9月に当時の1回生数名で設立された団体。自分たちと世界をつなぐ架け橋として、フェアトレードを通じた社会情勢を発信。モノを作る1人ひとりのストーリーに目をむけることで単なる国際協力ではない、ちょっとした意識変革をおこなっている。フェアトレード(Fair trade)とは…生産者が作った品物を、その労働に見合った正当な価格で取引すること。 

ブログ:http://see-saw-ftpr.jimdo.com/